仕事術

男性向け ファッションレンタルサービス 体験してみた~2018年版~

男性向けのファッションレンタルサービスってご存知ですか? 私も以前まで知らなかったのですが、登録して初めて体験してみました。登録から服が発送れるまでを記事にしました。

あわせて読みたい
エアークローゼットの男性版 ファッションレンタルサービス 登録してみた最近、新しい服を全く買っていません。 あえて買ったといえば、インナーぐらい。30歳も過ぎ、結婚して3年過ぎました。 私服としえば、毎日の...

LINEで、実際にスタイリストを相談しながら、服を考えてもらうってことが新鮮でした。今回は相談した結果のレンタルアイテムが到着したので、レビューしたいと思います。ただ他のブログで紹介されている点と異なる点もあったので合わせて紹介します。

他のブログで書かれている点と今は・・・

私が登録したのは2018年4月です。Googleさんで調べてみるとleeapサービスについて多くの記事が見つかります。 ただ実際受けてみると異なる点がありました。

  • 届くのは、合計4点 パンツ1,トップス3
  • レンタル回数 無制限プランはない
  • レンタルコーデの提案は汎用性な写真でオリジナル感はない

他の方のブログを見てる感じとは、同じ値段であってサービス品質が落ちているように感じました。 この辺は、どういう背景があるのでしょうか。 ライバル会社がないから競争していないので気にしていない。登録者が多く、品質が低下してきている。 理由はどうであれ、実際サービスを受けてみて残念な点ではありました。

継続したいサービスではある

以前と比べると悪くなっている感じがするのは事実です。 以前から、サービス提供を受けていたわけではないので客観的な感じでしか意見を言えません。 但し、今回実際にサービス提供を受けてみた結果、継続したいサービスであったのは間違いありませんので、そのポイントを改めて紹介したいと思います。

2パターン コーデが素晴らしい

スタイリストと相談してから数日後、待望の商品が届きました。

今回提案してくれたのは以下の2パターン

パンツ1、半袖1,長袖2 合計4 という組み合わせでした。 パンツ1点に対して、トップス3点で2パターンを紹介してくれていいですね。

パターンごとにコメントが書いており、アドバスがあります。

他の方のブログで記載されているパターン紹介とは異なりました。他の方のブログでは、「今回のコーデに合わせたマネキンに着せて紹介」でしたが、今回は予め撮った写真を加工して紹介といった感じでした。このあたりは効率化を考えてのことでしょうか。

あと、少し戸惑ったのはパターン2の「羽織として使う」がギンガムチェック柄だったので少し勘違いしてしまいました。 慣れれば題ないと思います。

さて、実際に届いた服の写真です。

ギンガムチェックは自分で買うときでは選ばないので斬新でした。色も明るめでカジュアルだけどキレイめを演出できるアイテムでした。 妻からは「新鮮やな」って言われました。

このパターンで実際に妻とデートしているのですが、スタイリストに考えてもらったコーデって思うだけでなぜか自身の服装に自身が持てます。 私みたいに自分のファッションセンスに自身がない人はこれだけでもだいぶ印象が変わると思います。

着てみたサイズ感

気になっていたのは、通販と同じようなサービスになるので「服装のサイズは合うのか?」っていうのを結構気にしていました。 胴の長さと比べて肩幅があるほうなので、いつもちゃんとあわないんですよね。

実際には「ほぼジャストサイズ」でした。レンタル品なので裾上げできないパンツはジャストサイズ。 シャツが少し袖が長めでした。そこでスタイリストさんと相談してみました。

スタイリスト
スタイリスト
袖を折り返して捲って腕を見せてあげるとスッキリ着こなせます!

最近の暑いこともあり、袖をまくって対応することにしました。

スタイリストと相談できるのがいい!

このスタイリストと気軽に相談できるサービスがこのleeapを使う真のサービス効果だと思っています。 実際に今ある服装とレンタルした商品を着合わせてみて、「どうですか?」と聞いてみてもいいし、この服装とあう小物ってどんなのがあるでしょうか? と聞いてみてもいいかもしれません。 私の場合は、借りた商品といま自分が持っているものを着てみて、自分ファッションショーをしてみようと思いました。

その中で、「あれ?どう着たらいいんだろう」って思ったものがあれば、スタイリストと相談してみようと思っています。 あまりなんでもかんでもは答えれないとは思いますが、小物とか最近の流行的なものを相談してみるのもありかなとは感じています。

使用後の返却

レンタル品の返却方法は実に簡単です。

  1. 自宅から返却:佐川急便に集荷してもらう
  2. コンビニから返却:ヤマト運輸でおねがいする

この2つです。どちらも着払い伝票が同封されていたので、それを使用して返却します。 佐川急便に集荷してもらうのは、前日までの依頼が必要なので少し手間かもしれません。 私は気軽さからコンビニから返却を選ぶと思います。

大事なことは「送られてきたダンボールで返却する」ってことです。誤って捨てないように。 このあたりは家族にも言っておかないと知らない間に片付けられてしまいます。

まとめ

今回、初めてleeapのサービス提供を受けてみました。 受けてみた感想としては、他の方ブログで紹介されている感じと少し異なっていた点もあったのですが、自分の好みを考えてくれるスタイリストがいるっていうのは心強くも思います。 初回サービスを受けた結果としては、

「とりあえず、継続してみよう」と思います。

その中で、もちろん次のコーデが来た時もご紹介したいと思います。

<

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です