ガジェット

480万台のルーターに脆弱性、あなたのルーターは大丈夫?

世界480万台のルーターに脆弱性、セキュリティ企業が指摘 – エキサイトニュース

今朝ニュースを見ていると、世界480万台のルーターに脆弱性があるというニュースが取り上げられていました。480万台ってすごい数ですよね。その中には、ASUSやNetgearなどの日本でもよく使われているメーカーのものが対象のようです。

  • 該当はASUS、Netgear
  • 該当しているかどうかは、Akamaiサイトから確認する
  • すべてのメーカーを調べているとは限らない

該当のメーカーと型番はどのように確認するのか?

サイトのニュース記事でも書かれていますが、確認するには「Akamai」という今回、指摘したアメリカのセキュリティ会社のサイトから見る必要があります。

気になるかたは直接、以下のリンクから確認できます。

該当しているメーカーは結構多い

報告書を見てみると、

  • ASUS
  • D-Link
  • NETGEAR

など、大手の名前が上がっていますので、気になる人は一度確認してみてください。私の使っている「TP-Link社」や「BUFFALO社」のものはピックアップされていませんでした

この件については、本当に該当ではないのか、そもそも確認しているメーカーから除外されているかどうかは不明でした。どっちなんでしょう。

当面の解決策

今の所、脆弱性がある という報告内容しか上がってきてないので、各メーカーの解決方法は出てきていません。 あえていうなら、ここにリストアップされていない会社や型番を使うしかないのでしょうか。 TP-LinkのC3150という機種使っていますが非常に快適ですのでおすすめです。

 

ただ実際にすべてかどうか

この報告書の中をみると、気になるのは、どこのメーカーを調べたのかを記載していないところです。 すなわち、リストにないけど実は該当しているところがある という可能性があることは注意しないといけません。

最新の情報を得る工夫をしておくべき

今回のニュースの件もありますが、普段から色んな情報を手に入れる工夫をしておかないと、後手に回る可能性が高いと感じました。

特に、自分自身が使っているものであったり、普段身につけているものはしっかり把握しておいて危険性などないかを注意しておきたいものですね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です