30代

夫婦 ハワイ旅行 持っていくものとやっておくことリスト

ハワイ持ち物まとめ

結婚してから早くも4年を経とうとしております。新婚旅行はフランスとスペインに行っており、海外旅行としてはベタなハワイは今まで行ったことないので二人で行ってみることにしました。

自分の備忘録代わりにも持っていくものと予めやっておくことをピックアップします。

ちはや
ちはや
夫婦でハワイ旅行のときに役立ちますように

ハワイ旅行の持ち物:必需品

ハワイ旅行に行くときの必需品です。

  • パスポート
  • ESTA(申請)
  • 航空券(eチケット)
  • ホテル予約表
  • クレジットカード(VISAとJCB)
  • 緊急連絡先(日本の家族へ渡す用)

パスポートは残存期限に注意

パスポートには残存期限が定められています。有効期限です。旅行先によって異なるのですが、ハワイ(アメリカ合衆国)の場合は、帰国日まであれば大丈夫です。

「パスポート持っているから大丈夫」と思っていも念のために確認しましょう

ハワイはアメリカ合衆国ということでESTA(エスタ)必須

ハワイはアメリカ合衆国のハワイ州となります。 よって、ESTA(エスタ)というビザ免除プログラムを申請し、渡航許可証を受け取っておく必要があります。

ESTA申請公式サイトにて、オンラインにて申請可能です。ここで注意しないといけないのは公式サイトに非常に似たESTA申請代行サービスサイトが検索で多くヒットします。 費用は申請費用で14米ドルしかかかりませんので、それ以外の値段の場合は、申請しないようにしましょう。 心配しなくても公式サイドでも日本語での入力で簡単です。

航空券とホテル予約表は忘れずに

最近、エクスペディアなどで格安で航空券と航空券とホテル予約をできるようになりました。航空券、ホテル予約表ともにメールやPDFデータのみで持ち歩けるようになりました。

航空券は空港で必要ですし、ホテル予約表は入国審査時で宿泊先を聞かれる場合がありますので、予め印刷して持っていくことをオススメします。

クレジットカード(VISAとJCB)

ハワイはやはりアメリカ合衆国であり、日本よりキャッシュレスが進んでいます。(個人的には欧州のほうが進んでいる印象ありますが) わざわざ現金を持ち歩いていると危ないので、クレジットカードを持っていきましょう。

おすすめのブランドはVISAとJCBの二枚持ちです。 使い勝手のVISA,ハワイでの特有のサービスがあるJCBといった感じです。

緊急連絡先(日本の家族用)

スマホが一般的になり、どこでも簡単に連絡をつけれる時代になりましたが、やはり日本に残る家族には、旅行に使う航空便名、滞在先やその連絡場所、緊急連絡方法 などをまとめた情報を渡しておくことがベターです。

ハワイ旅行 持ち物 :カバン、財布

  • スーツケース
  • 移動用カバン
  • エコバック(ハワイは買い物袋 有料)
  • 携帯用財布

ここで注意すべきなのはエコバックでしょう。 ハワイでは2015年にビニール袋の配布が法律で禁止になりました。 これに伴い、エコバックが必須になっております。

日本国内でも買い物袋が有料になってきたので持っている方多いかもしれませんが、ぜひ持っていきましょう。ハワイで有名なショッピング「WHOLE FOODS」のを現地でゲットするのもアリです

ハワイ旅行持ち物:衣類、日用品 スーツケース内

スーツケースの中に入れる衣類や日用品関係です

  • 現地の宿泊数分の着替え
  • 部屋着
  • 紫外線グッズ(サングラス、帽子、日焼け止め)
  • 水着
  • 歩きやすい靴
  • 圧縮袋
  • コンタクトレンズ(1Dayがオススメ)
  • 洗顔、化粧水、ひげそり
  • シャンプー、コンディショナー
  • 化粧品、メイク落とし
  • 歯ブラシ、歯磨き粉
  • 生理用品
  • 常備薬
  • ウェットティッシュ
  • 充電用ケーブル

ここで気をつけておくべきものは、

紫外線グッズ(サングラス、帽子、日焼け止め)

ハワイの紫外線は非常に強いです。 そのため、紫外線グッズが必須です。普段サングラスしない人でも購入を検討したほうが良いほどです。また、日焼け止めも日本製のほうが日焼け止め効果が高く、安価ですのでぜひ日本で購入してから持っていきましょう。

コンタクトレンズ 1Dayタイプで

普段、コンタクトレンズを使っている人で2Weakタイプを使っている人はぜひ海外旅行のときだけでも、1Dayタイプに切り替えることをオススメします。

1Dayタイプは1日使い切りなので、洗浄液を持っていく必要がなく荷物を少なくすることができます。また、マリンスポーツをする場合でもコンタクトレンズを落としてしまうことがありえるので、1Dayタイプは滞在日数+数日分を持っていくことがおすすめです。

ハワイ持ち物 : 航空機内持ち込み品

航空機内に持ち込むべきものや機内持ち込みしかできないものをピックアップ

  • メガネ
  • コンタクトレンズ 1Dayタイプ
  • ウェットティッシュ
  • スマートフォン、デジカメ(充電器含む)
  • モバイルWi-Fi
  • マスク、アイマスク、耳栓
  • ノイズキャンセリングヘッドホン
  • ネックピロー
  • ガイドブック

機内に過ごすための神器

日本を出発してハワイまで移動するための飛行機に乗っている時間はだいたい6時間半から7時間です。 だいたい日本の夜に出発してハワイの朝に到着する便が多いみたいです。ヨーロッパほどではないものの航空機内で過ごす時間は結構あります。 少しでも快適に過ごすための神器を紹介しておきます。 それは、ノイズキャンセリングヘッドホン、ネックピロー、マスク、アイマスク、耳栓です。 特に、うるさい飛行機内でのノイズキャンセリングヘッドホンはめちゃくちゃオススメです。

ヘッドホンタイプは苦手という方は、イヤホンタイプもおすすめです。

モバイルバッテリーは機内持ち込みのみ

航空機に荷物を持っていく方法には、機内持ち込みと預け荷物の2種類があります。 一般的には、自分の手荷物とスーツケースのふたつですね。ここで気をつけないといけないのは、「モバイルバッテリーは預けることができない」というところです。

ちはや
ちはや
モバイルバッテリーに使われているリチウムイオン電池の扱いは特別なのです

私も愛用しているANKERのモバイルバッテリーも勿論手荷物で持っていきます。航空機内で使うわけでもないし重いから預けたいってのが本音

大切な思い出を収めよう

いくらスマートフォンのカメラ性能が良くなったといっても大切な思い出を撮るためには、デジタルカメラはまだまだ必要です。私の場合はソニーの名機RX100を持っていっています。

あわせて読みたい
今後のため考え、いいカメラ買いました! RX100M3 photo by i k o どうも、この間無事に両家の顔合わせが終わりました「ちはや」です。 ゼクシィネット見て、いろいろ調べたり進...

モバイルWi-Fi

ハワイでは日本よりもFree Wi-Fiが色々あります。ただし、Free Wi-Fiっていうのは無料であり利便性が良くても、個人情報や通信内容が漏れてしまうリスクもあることを知っておく必要があります。

妻
あなたはネット調べまくるので必須ね
ちはや
ちはや
便利なものをしっかり調べて予約しておきます

ハワイでは変換プラグは必要なし

ハワイでは変換プラグを持っていく必要がありません。 日本と同じ規格品を使われています。

ざっとハワイの持ち物をまとめてみました。 出発まであともう少しなのでめちゃくちゃ楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です